トマトの上手な育て方を学ぼう!苗選びから知ることが大切!|Gardening Tools

トマトの上手な育て方をマスターしよう

トマトを育てる上で大切な受粉のタイミングや置き場所の知識をしっかりと学んで美味しいトマト作りを成功させましょう。トマト作りのQ&Aも参考になるかと思いますよ。

気になるトマトの育て方Q&A

トマトを置く場所は決まっていますか?

日当たりが良く風通しの良い場所を選びましょう。また、水はけを良くしておくと美味しいトマトが作れますよ。

トマトの天敵になる虫はいますか?

アブラムシやコナジラミなどです。これらの虫は病気の原因になることもあるので、きちんと害虫対策を行いましょう。

受粉のタイミングってありますか?

はい、トマトの受粉を行うのであれば涼しい朝の時間帯に行うのが好ましいです。やわらかい筆などで行いましょう。

トマト

美味しく育てるコツ

甘くて美味しいトマトの育て方のポイントは水分をあまり与えない事です。南米のアンデス高原が原産であるトマトは長い日照時間と乾燥、そして昼と夜の気温差が大きい環境を好みます。水やりをあまりしない他、水分を抑える為には畝を高く作り水はけを良くして雨よけをするなどの工夫が必要です。生育には強い光が必要不可欠で、光不足になると元気がなくなり花の数も少なく質も落ちるだけではなく、最悪の場合には花自体も育たずに落ちてしまいます。ですから、栽培には日当たりの良い場所を選ぶ事が重要です。気温は、昼が25度前後、夜は16度から17度が適温ですが、夏場は30度を超えると実付きが悪くなるので夏の暑さ対策にも注意が必要です。また、トマトには連作障害があるので同じ場所では4・5年は育てる事が出来ませんが、接ぎ木を植えれば栽培が可能です。

良い苗の選び方

味の良いトマトを作るには育て方も大切ですがそれと同じくらいに苗選びも重要なポイントです。トマト作りが成功するかどうかはしっかりと良い苗を選ぶ事が出来ているかどうかにかかっています。苗は、葉の色が濃く厚さも十分にあり、葉と葉の間隔が短くて伸びていないものを選びます。基準としては、本葉の7枚目か8枚目の次に花芽があるものが良いものです。葉の間隔が長いものは間延びしていてひょろっとした印象で、本葉の6枚目の次に花芽がある事が多くあります。元気なものはがっしりと茎が太く脇芽が伸びています。土に近い場所の茎に長い毛が多く密集しているものは抵抗力が強く良い苗です。また、葉をそっと指で擦るとトマトの香りが強くするのも元気な証拠です。そして、花が大きい物を選びます。花が咲いていない場合は咲いてから植え付けをします。花が咲かないうちに植えると茎や葉ばかりが大きくなってしまい最初に咲いた花に実が付かない事があります。

広告募集中